ホーム > 製品案内

「フジシールII号」について

いつまでも柔軟性を保ちます

フジシールII号は通常のアスファルトコンパウンドとは異なり、劣化硬化が無く、いつまでも柔軟性を保ち、下地の動きに対して充分に追従します。


また促進暴露試験(キセノンランプ1000時間)でも、大きな変化はありませんでした。
試験実施機関:(財)建材試験センター

臭気強度が小さい

フジシールII号はフジコン3種はもちろんのこと、フジコンE(クリーンタイプ)と比較しても臭気が少なく、環境への影響を軽減できる張付け材です。
「三点式比較臭袋法」による
試験実施機関:(財)化学物質評価研究機構